先ほどは戦隊ヒーローモノについて紹介して参りましたが、それに比類するほど人気があったシリーズの中には、メタルヒーローシリーズがあります。これは昭和57年3月5日から平成11年1月24日までの17年にわたって、東映制作のもとテレビ朝日系列で放送された、特撮ヒーローアクションドラマシリーズで、基本的に主人公が光沢のある金属質のボディーを持ったスーツを着ている作品群であることから、ファンによって便宜的に呼称されたことによって命名されました。もちろんこれを製作サイドも用いるようになっていきました。

 ちなみに、当初は作品名と同じ名前を持つ主人公単独のヒーロー物でありましたが、『特警ウインスペクター』より後は集団ヒーロー物となって、『ビーロボカブタック』と『テツワン探偵ロボタック』はコミカルな要素が強い作風になっています。作品の殆どが警察のようなグループに所属しており仕事として活躍を行っているケースが良く見られるです。

 公式には『宇宙刑事ギャバン』(昭和57年)から『テツワン探偵ロボタック』(平成10年)までの17作品がメタルヒーローとされており、放送当時は明確なシリーズものとしてはアナウンスされていなかったため、シリーズとして扱っていない本も多いといいます。ちなみに蛇足ですが有名な音楽ユニットであるダフトパンクのスーツはおそらく、このメタルヒーローシリーズのリスペクトだと思います。

◯◯レンジャーごっこしてたあなたへ
Pick UP! スタッフがおすすめする注目の厳選まつげエクステサロンを探すなら-まつコレサロンを紹介しています☆ぜひサイトをご覧ください。

メタルヒーローシリーズの世界観

 基本的にこのシリーズには共通する要素が多くはないのですが、どのヒーローも金属質のスーツを着ているというのが強いて言えば特徴でしょう。他にも元々はシリーズではなかった為、共通する要素はあまりないのですが幾つかの作品では以下のような友情出演的な要素が見られます。たとえば、

 「宇宙刑事シリーズ」(『宇宙刑事ギャバン』『宇宙刑事シャリバン』『宇宙刑事シャイダー』)

 作品の主人公がゲスト出演する他、大山小次郎・星野月子・コム長官等共通するキャラクターが登場。

 「レスキューポリスシリーズ」(『特警ウインスペクター』『特救指令ソルブレイン』『特捜エクシードラフト』)

 別作品の主人公がゲスト出演する他、正木俊介等共通するキャラクターが登場。

「ビーファイターシリーズ」(『重甲ビーファイター』『ビーファイターカブト』)

 別作品の主人公がゲスト出演する他、老師グル等共通するキャラクターが登場。

と言ったモノです。

友情出演はかなり多い

また、これらの宇宙警察シリーズなどは、スーパー戦隊シリーズとのクロスオーバーを頻繁に行っており、後々の作品に友情出演する事はかなりあったりします。たとえば、以下の作品がそうです。

『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』

シリーズ30周年記念も兼ねて、初代の宇宙刑事ギャバンが、スーパー戦隊シリーズ第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』と共演。『宇宙刑事ギャバン THE NOVEL』でも存在が語られています。

『特命戦隊ゴーバスターズ』

スーパー戦隊シリーズ第36作。第31・32話で2代目ギャバンと共演したほか、「テレビマガジン」(同年10月号付録DVD)では初代ギャバンと共演。

ヒーローになるには

特撮ヒーローについて学ぼう!「懐かしさだけじゃ無い今の特撮」

戦隊モノが好きな人へ